ZINGARO

2005年、初来日した騎馬スペクタクル「ジンガロ」。
Paris郊外に拠点をおく、バルタバスが率いる1984年に創設された騎馬劇団である。

前回は「ルンタ」という演目で、人と馬が一体となって繰り広げられる独自の舞台に
すっかり魅せられ、ご招待いただいたオープニングも含めて三回も通ってしまった。

馬が駆け抜ける時の風が頬に心地よく、
忘れていた感覚をとりもどすかのような感激があった。
チベット僧の読経や香の演出、動物のけなげさと鍛え上げた人間の肉体は
アートとなっていた。

今日は明日からはじまる新作「バトゥータ」のプレビュー。
ワクワクして木場の特設会場に向かった。

ルーマニアの遊牧民の生活からインスパイアされたという作品。
自由をテーマに原点回帰といわれている。
舞台の中心に滝のように流れ落ち続ける水が印象的。
馬の背にその水が打たれた時、森の中の滝を感じた。
水は「生」をあらわしているのかもしれない。

前回ほどの感激がなかったのは、人間、初めてのことには新鮮さを感じるが
二度目はむずかしいという命題をつくづく考えさせられた。

200901231835000.jpg

ZINGARO

2005年、初来日した騎馬スペクタクル「ジンガロ」。
Paris郊外に拠点をおく、バルタバスが率いる1984年に創設された騎馬劇団である。

前回は「ルンタ」という演目で、人と馬が一体となって繰り広げられる独自の舞台に
すっかり魅せられ、ご招待いただいたオープニングも含めて三回も通ってしまった。

馬が駆け抜ける時の風が頬に心地よく、
忘れていた感覚をとりもどすかのような感激があった。
チベット僧の読経や香の演出、動物のけなげさと鍛え上げた人間の肉体は
アートとなっていた。

今日は明日からはじまる新作「バトゥータ」のプレビュー。
ワクワクして木場の特設会場に向かった。

ルーマニアの遊牧民の生活からインスパイアされたという作品。
自由をテーマに原点回帰といわれている。
舞台の中心に滝のように流れ落ち続ける水が印象的。
馬の背にその水が打たれた時、森の中の滝を感じた。
水は「生」をあらわしているのかもしれない。

前回ほどの感激がなかったのは、人間、初めてのことには新鮮さを感じるが
二度目はむずかしいという命題をつくづく考えさせられた。

200901231835000.jpg

ZINGARO

2005年、初来日した騎馬スペクタクル「ジンガロ」。
Paris郊外に拠点をおく、バルタバスが率いる1984年に創設された騎馬劇団である。

前回は「ルンタ」という演目で、人と馬が一体となって繰り広げられる独自の舞台に
すっかり魅せられ、ご招待いただいたオープニングも含めて三回も通ってしまった。

馬が駆け抜ける時の風が頬に心地よく、
忘れていた感覚をとりもどすかのような感激があった。
チベット僧の読経や香の演出、動物のけなげさと鍛え上げた人間の肉体は
アートとなっていた。

今日は明日からはじまる新作「バトゥータ」のプレビュー。
ワクワクして木場の特設会場に向かった。

ルーマニアの遊牧民の生活からインスパイアされたという作品。
自由をテーマに原点回帰といわれている。
舞台の中心に滝のように流れ落ち続ける水が印象的。
馬の背にその水が打たれた時、森の中の滝を感じた。
水は「生」をあらわしているのかもしれない。

前回ほどの感激がなかったのは、人間、初めてのことには新鮮さを感じるが
二度目はむずかしいという命題をつくづく考えさせられた。

200901231835000.jpg

ZINGARO

2005年、初来日した騎馬スペクタクル「ジンガロ」。
Paris郊外に拠点をおく、バルタバスが率いる1984年に創設された騎馬劇団である。

前回は「ルンタ」という演目で、人と馬が一体となって繰り広げられる独自の舞台に
すっかり魅せられ、ご招待いただいたオープニングも含めて三回も通ってしまった。

馬が駆け抜ける時の風が頬に心地よく、
忘れていた感覚をとりもどすかのような感激があった。
チベット僧の読経や香の演出、動物のけなげさと鍛え上げた人間の肉体は
アートとなっていた。

今日は明日からはじまる新作「バトゥータ」のプレビュー。
ワクワクして木場の特設会場に向かった。

ルーマニアの遊牧民の生活からインスパイアされたという作品。
自由をテーマに原点回帰といわれている。
舞台の中心に滝のように流れ落ち続ける水が印象的。
馬の背にその水が打たれた時、森の中の滝を感じた。
水は「生」をあらわしているのかもしれない。

前回ほどの感激がなかったのは、人間、初めてのことには新鮮さを感じるが
二度目はむずかしいという命題をつくづく考えさせられた。

200901231835000.jpg