透ける緑

「十種の神宝」石上神宮の摂社拝殿に思わず佇んでしまった。

ことのほか美しいこの空間と七支刀の文字は上古へといざなう。

sukerumidori.JPGのサムネール画像

透ける緑

「十種の神宝」石上神宮の摂社拝殿に思わず佇んでしまった。

ことのほか美しいこの空間と七支刀の文字は上古へといざなう。

sukerumidori.JPGのサムネール画像

透ける緑

「十種の神宝」石上神宮の摂社拝殿に思わず佇んでしまった。

ことのほか美しいこの空間と七支刀の文字は上古へといざなう。

sukerumidori.JPGのサムネール画像

畳に書

アトリエに林屋晴三先生がおみえになった。

巫女舞の練習に並べて敷いてあった畳をごらんになると

「今週の茶会のためにこれに月という字を書いてほしい」とおっしゃった。

ただいま集中している「あひる草文字」で瞬間に書き上げた。

襖には書いたことがあるが畳は初めての試みであった。

畳目に墨と筆が反発するかと思ったが、思いのほかスムーズで

初めての新しい触感が楽しく感じられた。

先生はことのほか喜んで下さり、茶会の床の間をこの畳が飾ることになる。

どなたかが過去になさったのかとたずねると

「わしも見たことがない初めてだ」とおっしゃるので笑ってしまった。

先生の着想で思わぬものが生まれた。

tatami.JPG

畳に書

アトリエに林屋晴三先生がおみえになった。

巫女舞の練習に並べて敷いてあった畳をごらんになると

「今週の茶会のためにこれに月という字を書いてほしい」とおっしゃった。

ただいま集中している「あひる草文字」で瞬間に書き上げた。

襖には書いたことがあるが畳は初めての試みであった。

畳目に墨と筆が反発するかと思ったが、思いのほかスムーズで

初めての新しい触感が楽しく感じられた。

先生はことのほか喜んで下さり、茶会の床の間をこの畳が飾ることになる。

どなたかが過去になさったのかとたずねると

「わしも見たことがない初めてだ」とおっしゃるので笑ってしまった。

先生の着想で思わぬものが生まれた。

tatami.JPG

畳に書

アトリエに林屋晴三先生がおみえになった。

巫女舞の練習に並べて敷いてあった畳をごらんになると

「今週の茶会のためにこれに月という字を書いてほしい」とおっしゃった。

ただいま集中している「あひる草文字」で瞬間に書き上げた。

襖には書いたことがあるが畳は初めての試みであった。

畳目に墨と筆が反発するかと思ったが、思いのほかスムーズで

初めての新しい触感が楽しく感じられた。

先生はことのほか喜んで下さり、茶会の床の間をこの畳が飾ることになる。

どなたかが過去になさったのかとたずねると

「わしも見たことがない初めてだ」とおっしゃるので笑ってしまった。

先生の着想で思わぬものが生まれた。

tatami.JPG

畳に書

アトリエに林屋晴三先生がおみえになった。

巫女舞の練習に並べて敷いてあった畳をごらんになると

「今週の茶会のためにこれに月という字を書いてほしい」とおっしゃった。

ただいま集中している「あひる草文字」で瞬間に書き上げた。

襖には書いたことがあるが畳は初めての試みであった。

畳目に墨と筆が反発するかと思ったが、思いのほかスムーズで

初めての新しい触感が楽しく感じられた。

先生はことのほか喜んで下さり、茶会の床の間をこの畳が飾ることになる。

どなたかが過去になさったのかとたずねると

「わしも見たことがない初めてだ」とおっしゃるので笑ってしまった。

先生の着想で思わぬものが生まれた。

tatami.JPG